無添加の白髪染めトリートメントを選ぶ時の判断基準とは?

疑問

最近よく無添加の白髪染めトリートメントというのを見かけます。
でも種類もたくさんあって、どれを選んだら良いのか分かりません。
また本当に無添加だったら、かゆくならないで白髪を染めるができるのでしょうか?
答え

まず無添加ってどうゆうことなのか?を知る必要があります。
調べてみると以下のようになっています。

無添加(むてんか、additive-free)とは、特定の物質が使用されていないことを表す表現である。 何が無添加であるというような規定はない。 第二次世界大戦以降、様々な分野で天然には存在しないような化学合成された物質が大量生産され、その安全性について疑問視する人々がいることからマーケティング上の理由で様々な無添加の商品が生み出されてきた。 自然界に存在してこなかった物質も多く、毒性や発癌性、内分泌攪乱化学物質として、人体や自然環境が分解できず蓄積が見られることや、組み合わさったときの複合的な効果について懸念する人々がいる。

参考:ウィキペディア(Wikipedia)

例えばメーカーが、「うちの製品は無添加の白髪染めトリートメントですよ!」と言っていたとします。

その場合、
:パラベンを使っていなから無添加です!
:アルコールを使っていないから無添加です!
:パラベンとアルコールを使っていないから無添加です!

三者三様ですけど、すべて無添加の白髪染めトリートメントとして
私たちは捉えてしまうんです。
女性

実際には、3つの製品すべてに有害だとされる鉱物油が使っていたとしても・・・。

つまり、「何だか分からないけど有害なものが入っていないらしくて、
安全な気がする」という漠然としたイメージになっちゃうんですよね。

【白髪染めで低刺激なものはどうやって選ぶと良いの?】ページ移動でも触れていますけど、まずはあなたにとってダメな刺激物質が何なのか知ることが大事です。
そしてそれが入っていないか成分表で確認することから始めましょう。

決して無添加の白髪染めトリートメントだからといって、すぐに飛びつかないこと。そうすることであなたが探し求めていた白髪染めトリートメントが見つかりますよ。

投稿日: