肌や髪への優しいだけではない白髪染めトリートメントとは?

検証!白髪染めトリートメント23ブランドのPH

肌や髪への優しいのに、白髪をしっかり染めるバランスがポイント!

結論から言うと、白髪染めトリートメント23ブランドのPHの値をすべて調べて分かったのはph7.5~ph3.2の間の幅があったということ。

白髪染めトリートメントと一言でいっても、弱酸性から弱アルカリのものまであるんですね。そして管理人が注目するのは、肌や髪への優しいのに、白髪がしっかり染まるバランス

「髪と地肌に優しいながらも白髪が染まる」、そういった視点で選ぶとphの値が低い白髪染めトリートメントを単純に選んでしまいそうになります。

確かにphの値が低いマイルドで肌と同じ弱酸性だと、一見すると大丈夫なんじゃないのかな?と思ってしまいますよね。

そこは各白髪染めメーカーも、最適な条件についてもっとも悩んだのではないでしょうか?

検証してみて分かったのは、弱酸性だとやっぱり白髪がなかなか染まらないのが正直な感想

そうなると何度も染め直さなくてはいけないし、その分手間とお金がかかるというデメリットもあります。その結果から、肌や髪への優しいのに、白髪がしっかり染まる理想的なバランスはphの値が弱アルカリくらいが白髪を染めるために良いと判断ができます。

でもph7.5くらいだと肌や髪が痛んでしまうのでは?と不安な方もいるかもしれません。

ただ実際には、ph7.5くらいだとかなりマイルドな洗顔料と同じくらいなんですよ。

弱酸性の白髪染めトリートメントを選べば大丈夫?

白髪染めトリートメントph
髪や地肌に優しいからと選んだものの、
白髪が染まりにくいものだと何度も染める頻度が多くなります。

そうなると結局、手軽なはずの白髪染めトリートメントのメリットもなくなってしまいます。

また当然使用する量が増えるのでお金もかかってしまいます。

残念ながら優しいことと、白髪がよく染まることは別なんですね。

優しくないの1歩手前の優しさとそれでいてよく染まることのバランスを追求しているメーカーのものが、素晴らしいということが事実。

なぜそんなことが断言できるかというと、実際に染めてみたからこそ違いが分かります。

優しいのに染まるものはどれか知りたい方は、「白髪染めトリートメントの1回染めページ移動を読んでみてくださいね。

投稿日: