市販のヘアカラーとの違いは?

白髪を染める場合、市販のヘアカラーと白髪染めトリートメントでどちらで染めたほうが良いのか?わからない人もいますよね。

今回は市販のヘアカラーと白髪染めトリートメントのそれぞれの良い所と悪いところの違い、それによってどんな人が選ぶと良いかについてお話します。

・ 染め方の違い

市販の白髪染めヘアカラー(おしゃれ染め)の内容は、1剤と2剤というのを混ぜたもの使います。

1剤に含まれているのが、アルカリ剤と酸化染料です。

アルカリ剤が健康な髪のキューティクルを開きます。

こうすることで酸化染料を髪の内部に浸透しやすくするという利点があります。

そして2剤の酸化剤は1剤のアルカリ剤と混ざることで酸素を発生させます。この酸素が今ある髪の色を漂白します。
漂白したほうが望みの色に変えやすいからですね。

またこの酸素は酸化染料を発色させることも同時にします。

すると酸化染料の分子のサイズが大きくなって、キューティクルから抜け出なくなります。

こうすることで染めた髪の色がずっと長持ちする仕組みになっています。

もう1つの白髪染めトリートメントの内容は、3つ染料(HC染料・塩基性染料・植物染料)の組み合わせにトリートメントが配合されたもの。

優しい成分でキューティクルの表面に色がつきます。表面なのでその分シャンプーをすると色落ちしていきます。

・ 髪へダメージの違い

市販の白髪染めヘアカラー(おしゃれ染め)は、健康な髪のキューティクルを無理やりこじ開けることで染色します。

キューティクルを傷めることで本来あった髪の艶は失われます。また枝毛や切れ毛も増えることになります。

白髪染めトリートメントは染める構造上、キューティクルを傷めることはありません。

またトリートメントが配合されています。

ヘアカラーやパーマ、加齢などですでに傷んでいる髪を補修して艶髪にしてくれます。

・ 頭皮へのアレルギーの違い

市販の白髪染めヘアカラー(おしゃれ染め)に使われているアルカリ性酸化染毛剤。

そのパラフェニレンジアミンなどジアミン系の染料にかぶれるなどのアレルギー反応がでる人がいます。

これは一度アレルギー反応がでると、また染めた時に同じくアレルギー反応がでるので改善することは出来ません。

白髪染めトリートメントは優しい成分なので、アレルギー反応でることは稀です。

でも絶対にないということはありません。

【市販の白髪染めヘアカラー(おしゃれ染め)を選ぶと良い人】

・明るい色に白髪を染めたい人
・頭皮や髪が傷んでも染める覚悟がある人
・キツい臭いが気にならない人

【白髪染めトリートメントを選ぶと良い人】

・ヘアカラーで1度でもかぶれたことがある人
・髪が傷んでいる人
・こまめに白髪を染められる人

投稿日: