いい匂いの白髪染めトリートメントとは?

染め続けられる匂いか?がポイント!

いい香りの白髪染めトリートメント

ヘナやヘアカラーのような独特の臭いやツンとした刺激臭の強いもので白髪を染めるのは、気分が悪くなったりしてしまいます。

またしばらくは酷い臭いも髪に残りますし、もちろん健康にも良くないです。そのことで毎回染める行為自体が苦痛になってしまいます。

それであれば、匂いの少ないものか、におわないものを選びたくなるかもしれません。でも匂いにはアロマテラピーの効果を利用する役割もあります。

だからこそ気分良く白髪染めができるようにリラックスできる白髪染めを選ぶというのは大切なことなんです。

白髪染めの匂いにどんな違いがあるの?

昔は【旧表示指定成分】ページ移動に指定されていた香料。

今は開発技術の進歩で、安全性について問題がないとされています。そんな香料を使った白髪染めの匂いには、2つの違いがあるんです。

1つは、科学的に合成して作った合成香料

そしてもう1つは、植物から成分を抽出したときにある、植物本来の匂いの植物性香料(精油)

メーカーによっては無香料とも呼ばれています。たとえば代表的なもので、ローズマリーやラベンダー。髪のパサつきを解消しながらも、匂いでリラックス効果のあるものです。

私のように自然な香りが好きな人は、植物性香料を選ぶと良いかもしれません。通常、白髪染めトリートメントの成分表の下の方に香料と書いてないものが、植物性香料になります。

当サイトで検証した白髪染めトリートメントを確認すると、

【植物性香料のもの】

23ブランド中、13ブランドが該当しました。

投稿日: