ブリーチした髪に白髪染めトリートメントは染まるのか?

ブリーチした髪

いきなり結論から言ってしまうと、ブリーチした髪に白髪染めトリートメントはよく染まります。おしゃれ染めよりも良い結果が得られるでしょう。

例えば、生え際に生えてきたばかりの髪の毛を染めるのが難しいのは、まだ髪自体がダメージを受けていないから。表面がつるつるした引っかかりのない部分に色というのは付着しづらいもの。少し凹凸がある方が色づきやすいのです。

なので生え際に生えてきたばかりの髪の毛にたいして白髪染めトリートメントは得意としていません。逆にトリートメントという名の通りにダメージヘアには最適。ブリーチした髪というのは化学薬品で色を強制的に抜いたダメージヘアです。白髪になってしまった髪と同じような色素である状態。だから白髪染めトリートメントが適しているといえます。

髪を労わるという意味では白髪染めトリートメントがベスト

また黒髪⇒茶髪という色の変更は白髪染めトリートメントとって少し大変。白髪⇒茶髪に比べると多くの染める回数を増やさなくてはいけません。ブリーチした髪であれば、白髪⇒茶髪や白髪⇒黒髪というカラーチェンジと状況が一緒なのが使いやすい理由になります。

またパサついて手触りのブリーチして傷んだ髪をトリートメントがキューティクルの代わりになってくれます。だから色を替えて、髪を労わるという意味では白髪染めトリートメントが目の付け所がいいといえますよ。

ただ良いことばかりでもなく、ブリーチした髪に白髪染めトリートメントを使っても色落ちが激しいという点。そこは色落ちしにくいものを選んで、ムラなく染めることが解決で来ます。

>>白髪染めトリートメントでもっとも色落ちしないのはどれか?検証結果<<

投稿日: